知恵袋

自分の子どもの写真をSNSに投稿しても問題ない?

投稿日:

まっさん先生
SNSで自分の撮った写真を公開することは、日常的になりました。しかも、今はスマホのカメラも高画質になってだれてもきれいに写真を撮ることができます。中には、自分の家族の写真をアップされる方もおられますが、特に子どもたちの写真をアップすることには、ちょっと注意点もあるようです。もちろん、心配しすぎたら何もできなくなってしまいますが、どんな危険性があるのか知っておきましょう。
スポンサーリンク

子どもの写真をInstagram、Facebook、Twitterなどに投稿するときのリスク

子どもたちの成長は親にとってほほえましいものでしょう。かわいいしぐさや、あどけない表情、なんともいえない笑顔、みんなにもこの瞬間を見てほしいと思われるのをやむを得ないことかもしれません。
しかし、子どもたちの写真をネット上に載せることにはリスクがあります。どんなリスクでしょうか?

無断転載、悪用されてしまう

スマホのカメラの質が上がったために、印刷にも耐えられる高画質画像がネット上に載ってしまいます。こうした画像がインターネット上のサイトのイメージ写真として無断転載されてしまったり、チラシや他の素材として無断使用されてしまう可能性があります。
画像を勝手にダウンロードし、うまく加工して、使用してしまうというわけです。最悪の場合、児童ポルノや詐欺サイトに悪用される危険性もあるのです。

エリア・住所・個人などが特定される

子どもたちの瞳に映り込んだ風景から場所を特定することは、素人でも簡単にできてしまうようです。また、背後に移った風景からエリヤや住所が特定されてしまう場合もあります。
また、SNSの過去の投稿やフォロワーとつながりをたどれば、個人を特定することもできてしまうのです。

子どもの写真を投稿するときの注意点

子どもの写真を投稿するなら特定の人にだけ公開

投稿ごとに公開範囲を設定できるFacebookでは見せたい人にだけ絞ることができます。
Twitterの場合は「ツイートを非公開にする」を選択できます。
Instagramでは「非公開アカウント」をオンにします。
このようにして、画像が不特定多数の人に見られないように設定することができるでしょう。

位置情報は公開しない

Facebookには「チェックイン」機能が、Twitterには「位置情報」機能がついています。これらをオンにしてしまっていると、場所が特定されてしまいます。

まとめ

自由に、簡単に写真をネット上に載せられる時代になりました。便利な反面、注意しないと、様々な危険が潜んでいるということも忘れないようにいたしましょう。

1

スポンサーリンク




1

スポンサーリンク




-知恵袋

Copyright© デジタル情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.