トラブル対処法

スマホで視力が落ちる~特に若者たちが危ない

投稿日:

まっさん先生
なおっちもよくスマホを使ってると思いますが、目とか大丈夫ですか?

なおっち
そうですね。最近、目が悪くなってる気はします。

まっさん先生
どうしても長い時間小さい画面を見続けていると、影響が出てきますよね。

なおっち
先生、なんかいい方法ありませんか?

まっさん先生
では今日は、スマホと視力の関係と対処法を考えてみましょうか。

なおっち
よろしくお願いします。

スポンサーリンク

スマホの普及と共に視力の低下も増加

スマホが若者たちの間でも急速に普及していますが、視力の悪い若者たちも増加しています。
視力1.0未満の児童は、小学生の25パーセント以上いるといわれています。視力低下の原因はスマホと携帯ゲームにあります。
テレビや読書に比べ、スマホの画面は小さいため、非常に近い距離で画面を凝視しまいます。これが目に悪影響を及ぼします。
かなりの近距離で液晶画面を凝視することになるスマートフォンの操作は、結果として眼球周辺を硬直化させてしまい、近視をさらに悪化させる要因になっているというわけです。

特に若者たちの目が危ない

子供たち、若者たちの目は非常に繊細です。
大人に比べて弱く、少しの刺激で視力低下に陥りやすく、成長期の子供の視力は外からの影響を受けやすく、簡単に悪化してしまうのです。
もちろん大人もPCなどの使いすぎで近視が進むことがありますが、子どもは大人よりも目の屈折が変化しやすいため、より近視になりやすいのです。

視力低下を防ぐ対処法

適度に休息する

1時間作業したら15分は休憩をとるように心がけ、画面を連続して見続けず、ときどき休憩をとることが大切です。

正しい姿勢で使用する

姿勢が悪いと片目にだけ負担がかかったり、余計に目を酷使しがちなので、正しい姿勢で使うようにできます。また猫背だと、姿勢が良い人と比べても10~20cmくらいは目とスマホの距離が近づいてしまいます。

ブルーライト対策をする

ブルーライトは紫外線の次にエネルギーが強いため、目の疲れや痛みといった、直接的なダメージを眼球に与えてしまいます。
そしてピント調節に負担がかかりドライアイ・眼精疲労・視力の低下にもつながってしまうのです。
では、ブルーライトから目を守るにはどうしたらいいのでしょうか?画面の明るさを下げたり、ブルーライト対策メガネを使用したり、またブルーライトカットのアプリを使って対処できるでしょう。

まとめ

若者たちにもすっかり定着したスマホですが、注意しないと、視力が低下し取り返しのつかないことになってしまいます。上手にスマホと付き合い、活用していきましょう。

1

スポンサーリンク




1

スポンサーリンク




-トラブル対処法

Copyright© デジタル情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.